啓翁桜

加藤まんず | 2016/1/20 19:49
写真登録: 加藤まんず
京都府 京都市東山区 清本町
QRコード

コメント (2)

mkm
今年1番ですね。 いくら暖冬でも早い!

啓翁桜とはなんぞやということで、山形県の農協の記事から引用です。
温室での促成栽培なのですね。
桜も寒い京都に出張で大変です。

引用: http://www.zennoh-yamagata.or.jp/fru...
 山形から一足早い春を運ぶ「啓翁桜(けいおうざくら)」。
 薄紅色の花がきれいに咲きそろうところは、厳しい冬を耐え、
 生命の躍動する春への喜びを象徴しているかのようです。
 山形では昭和40年代全国にさきがけて促成栽培が始まり、
 ハウス(促成室)の中で寒さと暖かさを調節しながら真冬の
 開花を促してゆくなどの工夫がなされています。
 お正月の飾りに、フラワーアレンジメントの材料にとその人気は高まっています。
引用終了:
katoumannzu
詳しくありがとうございます。温室で育てられる桜があるとは思ってもみませんでした。